So-net無料ブログ作成

<談合>川崎の23社に排除命令 公取委(毎日新聞)

 川崎市が発注する下水管敷設・補修工事の一般競争入札で談合を繰り返していたとして、公正取引委員会は9日、川崎市内の建設会社23社に再発防止を求める排除措置命令を出した。うち20社には計1億3072万円の課徴金納付を命じた。

 公取委によると、各社は08年3月〜09年3月、28件の工事で談合し、入札前に協議して決めた受注予定者が受注できるようにしたとされる。うち13社は93年にも市発注の下水管工事で談合したとして、公取委から行政処分を受けていた。【桐野耕一】

【関連ニュース】
多摩下水道工事:公取委の「談合認定」取り消し 東京高裁
独禁法違反容疑:ジョンソン・エンド・ジョンソン立ち入り
公取委:山梨の30社に立ち入り…県発注工事で談合の疑い
空自談合:初の改善措置要求 公取委
公取委:排出量取引 業界別割り当ては「独禁法上問題も」

<女性変死>名古屋のアパート自室で 頭部にこぶ状の外傷(毎日新聞)
NPO優遇税制拡充へ=税額控除導入など柱−政府税調(時事通信)
<川崎マンション火災>3歳の双子死亡、祖母は重体(毎日新聞)
タイ衝突で死亡の村本さん遺族、バンコクへ出発(読売新聞)
口座指定し現金要求=元常務理事「ちゃんとやる」−家具厚生年金基金汚職・警視庁(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。