So-net無料ブログ作成

「非常に有意義」=日米外相会談を評価−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は13日午前、日米外相会談について「非常に有意義だった。胸襟を開いてお互いに自分の思いを主張して、日米同盟を深化させようと、意思は極めて通じ合った」と述べ、同盟深化の協議開始で合意したことを評価した。また、「日米同盟は安全保障が軸」と指摘した。
 一方、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、クリントン米国務長官が現行計画が最善と強調したことについては、「5月までに結論を出すと言っている。推移を見守っていただきたい」と述べた。首相公邸前で記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

<定額給付金>「消費」64.5%…内閣府調査(毎日新聞)
<常磐自動車道>自転車など投げ込まれる 茨城・つくば市(毎日新聞)
<羽田空港>レーダー障害で一部発着できず(毎日新聞)
桜井茶臼山古墳 発掘成果紹介の速報展始まる(毎日新聞)
<公設派遣村>「200人所在不明」に反論 市民団体(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。